現金派の人たちに向けた便利で新しいキャッシュレスツールのおすすめ

近年、先進国ではキャッスレス決済を利用する人が大多数となっています。

ところがまだまだ日本国内では、キャッシュレス決済派よりも現金支払い派が多いのが現実です。

例え買い物などの支払いシーンでは無くても、様々なシーンで現金だけを利用しているという人も多くいます。

もちろん現金というのは、通貨としては一番信用性が高いものではありますが、使いづらくなったシーンが多いのも事実です。

キャッシュレスを推奨しているショップ、インターネットを利用したショッピング、公共料金などの様々な支払いシーンでは絶対に現金が使えないわけではありませんが、使いづらいこともあります。

近年ではキャッシュレス派が段々と増えてきているのが現実です。

現金は管理がしやすくて分かりやすい

現金派の理由として多く挙がるのは、管理がしやすいという点です。

現金は目の前に無いものは使うことができませんし、突然それ以上の価値で使うことはできません。

お財布に現金を入れて使う、銀行や郵便局に預けて使う、自宅のタンスに現金を置いておいて使うなど、現金は老若男女誰でも使えることができるのが特徴です。

3歳の子どもから仕事を辞めてしまった主婦の方、退職した男性の方から90代のご老人まで誰でも平等に使うことができるのが現金です。

現金は管理がしやすく、誰でも現金の収支を把握しやすいのも支持されている理由であります。

また使い過ぎる心配が無いというのも特徴で、現金派が絶えないのはそれらが大きな理由となっています。

キャッシュレスは不安だけど現金は安心

クレジットカードや電子マネーが怖い、そう思っている人は多くいます。

悪用されてしまうのではないか、不正に利用されてしまうのではないか、借金と何が違うのか、盗まれたら補償されるのかなど、キャッシュレスに対し色々な疑問や不安を持っている人は多いです。

現金はその場で使うだけだから安心、現金はそのままでは増えることも無いけど減ることも無いから安心、現金はいくら使ったかすぐに分かるし管理もしやすいから安心、現金派はそう思っている人が多数です。

また、わざわざキャッスレス決済のツールを所持する必要が無い人もいます。

キャッシュレスにしなくても現金さえあれば良いとか、意外とお金持ちの人でも現金派が多いのです。

現金を持っていると得すること

例えばディーラーで新車を購入した際、殆どの人はローンを組んだりクレジットカードの分割払いを利用することも多いです。

またインターネットでショッピングをした際は、コンビニ払いや銀行振り込みを選択せず、クレジットカードや電子マネーを利用して買い物を済ませることも多いです。

このようにキャッシュレス決済が便利なことが多数ある中でも、現金でなければならないことがあります。

近所の小さな商店、通院している歯医者、行きつけの小料理屋、毎日買い物するスーパーマーケットなど現金しか使えないというお店やシーンもまだまだ多いのです。

また現金で支払うとポイントが付く、現金で支払うと割引になるなど得することも多々あります。

現金は使ったり失くならなければ、不正に利用されることはありませんし、悪用されてしまう心配も少ないです。

このように現金は絶対必要なシーンに加えて、持っていることで得するシーンもあるのです。

またキャッシュレスのように収支が分かりづらく無いので管理もしやすいです。

現金はきっとこれからも無くなることはありません。

現金は多くの人々からいつの時代も支持され続け、また信頼されて利用され続けていくアイテムです。

ですが便利なツールは時代の移り変わりと共に取り入れていくのが最善です。

現金の良いところ、キャッシュレスの良いところを上手く両立して使っていくことがオススメです。

Posted by OKANEDEGENKINSURU